★ご支援のお願い★
 交通事故により死亡又は後遺障害者となった保護者を持つ交通遺児等に、境遇に負ける事なく希望をもって学業に励んで欲しいと願うとともに、強く明るく成長し、有為な社会人となるよう奨学金の給付事業を行うための資金確保の寄付金活動を行っています。
 企業・団体等の設立周年寄付やバザー、地域と連動したチャリティーイベント等からの募金(寄付)、又は個人での交通安全祈念寄付、退職寄付、香典返しなどの寄付や、さらに企業や病院、福祉施設、学校等などの職場募金及び賛助員からの寄付金を募るほか、各事業所や店舗等へは、当会募金ボックスを設置いただき、多くの方からの募金や交通遺児支援の呼びかけを行っています。
 皆様からの善意が、交通遺児等の心の支えとなっています。。。
当会へご寄付された法人、個人様には税制上の優遇措置が受けられます!
 公益財団法人沖縄県交通遺児育成会へ移行し、新たに設立された税額制度の導入に伴い、税額控除対象法人である事が証明されました。
 当会趣旨に賛同し、ご寄付いただいた個人様や法人(団体・企業等)様には、税法上の優遇措置が受けられるため、当会が発行した”領収書”と県知事証明”税額控除認定書(写)を郵送しております。
 毎年の確定申告等へお役立ていただけることと思います。
賛助会員の募集について
 当会は、官民一体が事故の防止、啓発・啓蒙等一人一人が“交通事故撲滅”を願い、長きにわたり県民各層からご支援頂いている公益財団法人です。
 “交通遺児等のいない社会”を願いやまないところではございますが、未だ事故による犠牲者が絶えず、給付開始の昭和55年から28年度までの給付対象遺児は8,448人となっており、小学校入学から大学卒業まで、無償で奨学金等の給付を行って参りました。
 このように将来を担う子どもたちの経済的支援や学業向上等の健全育成事業を行う法人ですから、皆様からの深いご理解、ご協力を求めており、交通遺児等の応援団・サポーターとして名簿登録を行い、当事業を支えていただく賛助会員様が増え続ける事が当会の願いでございます。
 会員(法人、個人)様へは、年に1度「賛助金ご協力依頼書」をお送りしますが、ご寄付については、自由の意思によるものとしているため、金額の多寡についての定めはございません。(入会金等もございません。)
 当会の趣旨にご賛同頂き、賛助会員として交通遺児等支援にご協力下さいますようお願いいたします。
賛助会員入会申込書
募金ボックスの設置について
 当会では、より多く(老若男女)の方々に対する財団のアピールと、基金造成のために募金ボックスを製作し、各スーパー、営業所、会社、法人等々・・窓口に設置いただいている他、イベント会場等への設置又は貸し出し等も行っております。
 新規設置の際には、名簿登録を行いますが、設置についての制約等はございません。
 「硬貨を集めたけれど、預金箱がない」、「寄付したいけれど、少額だから」とお困りの方は、是非当会へご連絡下さい。
 このような皆様からの善意が、確実に交通遺児等の心の支えに繋がります。
(破損等による取替、追加、回収等についてのお問い合わせも随時受け付けています。)
お振込期間:随時受付(期間の定めはありません。)

お振込方法:銀行窓口に備え付けの振込用紙をご使用下さい


※振込手数料が免除となっている為、当会専用の振込用紙は
 ございません。
送金方法